太陽と海が好きなわけ

太陽と海が好きなわけ

朝の時間と夜の時間の価値 眩しい光、突き刺さる冷気、無意識で足早に昇る階段、好き嫌いの入り交じる香水、すれ違う虚ろな目、気がつけば頭が徐々...

縁

▼先日お茶の水で行った生き辛さイベントのトークにて※主催のETSUとは阿佐ヶ谷の夜回りで出逢う。 必然の出合い 「ケン兄ぃ、やっぱり...

後悔のない航海の果てに

後悔のない航海の果てに

古巣の今 身を固めながら急いでタクシーに乗りこんだ日曜の舞浜。朝は寒かったのに妙に汗が止まらなかった1日となった。ひょんな事から10年以上...