日常で無いと困るもの

人生日々勉強。どんなときも、心が動けばそれは学びとなって明日を切りひらく

久々に家にこもって映画を見た。これといってスカッとするタイトルはなかったけど、約束も取りやめて好きな時間に寝て食べて見た。ゴールデンウィークは、正月と同じくらい嫌い(笑)

お陰で見たかった映画十本見て、また新たに胸を熱くさせてもらった作品が増えた。

そんないくつかの予定を蹴った週末、改めて考えさせられたのは失いたくない日常の欠片だった。

スポンサーサイト

携帯が壊れて気付く執着

人は弱い。携帯が壊れて初期化するだけで大分弱る…。少なくとも自分はそうだ。だからどんだけ弱い人の話も聞けるし、聴きたいと想うのだ。

じゃあなんでそんなに凹むのか。引き継ぎできないものや復旧できないデータがあったから?ならばそれらは今までの僕にとってなんだったというのだろう。

答えは「あったところで、なくても別に困らない」なのだ。

それと同時に、携帯(もしくは携帯的な日用品)が無くても生きていけるようになりたいからちょうどよく考えさせてもらえたハプニングだった。

日常の何気ないルーティーンは、急になくなると禁断症状にも似た苦しいにも繋がるやっかいなもの。そんな中で、僕の尊敬する大人はこんな言葉を言ってネットで批判されていた。「僕は何かが好きになると依存症になるほどとことんはまってしまう。ごめんなさい」と。さすがだなーと大きく深呼吸して空を仰ぐ。

きっと僕らが抱えている問題はどんなことも大変で、けど本当はそこまで大したものでもないじゃないかと想ったりもするし、そう思いたい。

生きていればいろんなことはあって当然で、もしくは無ければ更に深みのある出会いや進展もなかなか繋がらない。

だから良くも悪くもすべての巡り合わせに生かされて、この世界をかたどっている。

トラウマの見せあいっこ

今だから笑える話、今でも笑えない話。

この前最近知り合った心理関係の先輩と、自分の生きてきた傷を見せ合うテーブルを囲ませてもらった。というかいつのまにかそうなっていた。自分のスタイルの軸をつくる幼少期の家庭環境。それらはすべて各自の受け方次第だが、よくもまあみんなそれぞれちゃんと大人になるまで生き延びたと思いたくなるほど、壮絶な人生を聴かせていただいた。変な話、ただ単に不幸自慢しても仕方なく、相手も気持ちをわかるかのようにリアクションをとるのも違うと思う。だから気になるところはたまに時間が止まってしまうほど引っかかる。するとその変化について僕も相手につっこんでいく。

そこから見える話と今目の前にいる人と共有したこの時間をどうやって未来に繋げられるのか。そんなこんなで今日もお腹一杯なのだ。

お金、仲間や一緒にいたい人&やりたいこと

そして最近何処にいっても考えさせられることがこれらだ。どれも失いたくないものだが、人生、時として大事なものを失ってしまうことがある。というかそんなことがよくある。

あれだけ当たり前にあったものが突然なくなる恐怖といったら、時には生きた心地がしないものにも変貌していく。けれどそれでも生きている。それを忘れてしまうから話がややこしくなる。

「ないものはない。今自分に残ってるものはなんだ!?」タイヨウの海賊団船長「海峡」のジンベエ

続いて「食べることは生きることじゃ」と教えてくれる。

ということはそのタイミングでそこまでしてでも気づかなければ前に進めなかった状況を与えられたことになる。結局しんどいが、確実に今求めている次の目的に向かって舵取りをしなおしてくれるほどの衝撃をくれるから、僕らは今までできなかったことができるようになる学びを得る。もちろんそれに気づかない人もいれば、ただただ絶望する人や、見て見ぬふりをする人もいる。その違い。

こう言われて初めて気付かされる大事なこと。僕らは何を選びたかったのに、何を選んでいるんだろう。

ゆっくりいくことの大切さ

この前十三の河川敷で語った女の子はこんなことを言っていた。「私はもっと人として豊かになりたいんです」。こんなんじゃ駄目だという彼女の目は明らかに豊かだった。

階段いくつか飛ばしで駆け上がってこけて転落。怪我もしてしまってはゆっくり一段ずつ上って行く人らのほうがより確実に上に上がれる。そんなことは自己啓発でなくてもわかることだけど、事実これで大けがしている自分らもいる。上がるどころか降下。けど、ここは谷の底ではない。お天道様を浴びて、何とかやりたい仕事だけでご飯も食べているんじゃないかな?

ならばローマは一日にしてならず。なかなか薩長同盟もすんなりいかないらしい。

どこかの国の素敵な人たちのように「今日生きていることに感謝」してみる。

最近見た映画「深呼吸の必要」でも、大雨でサトウキビ畑を荒らされた沖縄のおじいが言っていた。「駄目になったらまた初めからやり直せばいーさー」。

そうなんすよね。

失って初めて気付く大事なものをまた失わないように、新たな何かをつかみ取ったなら、いつだって終わりは始まりだから。また一つ勉強を重ねましょ。

生徒たちと大阪での憲法パレード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする