日本のもっとも可哀想なところ

本当に僕はいつまでたっても青い。

こんなブログを続けていることも、未だ最初に船に出た頃と変わらないのもしれない。

けどそれが僕なんだろう。だから相変わらず青いものが好き。

日本を憂うだけでなく、だからこそこの国の常識が世界の非常識とわかっている人らと笑って今日も立ち向かえるのだ。

スポンサーサイト

ある若者Youtuberの声

先日友人の友人に一緒に企画できそうなブロガーがいると言うことで紹介してもらったyoutubeを見ると、確かにどこかで見た動画だった。

若い。

けど、嫌いじゃない。それどころかむしろ好きなくらいだ。

この若者が何が言いたいのかはまた今度会ったときに聴くとして僕なりの解釈を上げてみたい。

閉鎖的な島国ニッポンは、やはり海外に比べて意識もコミュニケーションもまだまだ低い。これだけ外資系の者が溢れているのにもかかわらず、だからこそよりその違和感が際だつ。

確かに電車の中でいきなり演説されたら迷惑かも知れない。それでも笑える余裕があったり、手を挙げる感覚があるなら、こちらにしてみても嬉しい発見だ。

少なくとも、何も話さず、日常のフラストレーションを抱えて下を向いているよりも、誰かの胸に残る爪痕を残せる。それがきっかけになるかは別として。

少なくともこの国ではこの行為自体を異常とする傾向がある反面、これが神回になるほどの影響や願望はある。場所はともかくとして、そもそもこの青年が言っていることはかなりまともだ。で、勇気を出してでもこれを言われるような状況に実際蔓延させられているのも事実。

いつからこの国は駄目になったのかよりも、どうやったら世界への視野を広げられるかの方が大事な焦点だろう。

僕の仲間も職場で個性どころか存在自体を否定され、自分の居場所を見失ってしまう人も少なくない。そしていつの間にか社畜にさせられている。意見を言えば釘を刺されて問題児のレッテルを貼られ、胸の内が証せなくなり誰にも相談できなくなるし、そもそも周りの人をあてにしなくなる。そんなの人が働くコミュニティじゃない。

自分の感情や信念に素直に、周りにも接することが出来る。本当なら誰でも出来ること。けどそれ自体が珍しく貴重。AIが取り入れ始められる時代に、そろそろ気付かなければ生き残れない時期に来ているのは言うまでもない。

日本の駄目なところ代表「コミュニケーション」

そんなものを上げたらきりがないが、この国では未だ多くの常識という中に無意識的に偏見が詰め込まれていることが少なくない。海外でも同じくあることだが、日本ほど凝り固まった先入観を持っている国もないだろう。これは国境や異文化の概念や原体験のない島国の環境がもたらした皮肉な性なのか。

特に知らない者に対しての懐疑心の強さは年配者によく見られる。

あって話したこともないアジアの人々のことを上から目線で悪く言う。自分たちもアジアの人間という事なんて自覚しないまま。その背中を見た孫の世代も崩壊的になるのもうなずける。

昔からそうだろうが、だから世界で通用しないのだ。逆にそこの視点を持っているだけで、日本人なのに大したものだともてはやされる。残酷ではあるが、このバッドスパイラルの中では自殺が多くても仕方ない。だから気持ち悪いのだ。それこそ僕自身、海外を見たから気付けた日本の性質を知れたのは命拾いをしたと痛感する。

大学を辞めてこれから世界を回る女の子との出会い

先日久々に骨のある若者に出会った。彼女は見るからにエネルギッシュで好奇心旺盛なハタチ。だが一年前まで「もう生きてたくない」と今まで蓄積してきたもののせいで少しの間引きこもっていたらしい。そんなとき何かのご縁で海外への手段に出会った。久しぶりの「何かに魅了された」感覚。ようやく何かをやりたいと想った彼女はその期を逃さないように思いきって行動をした。するとそこで見た景色や人の意識の違いで、目の前の世界が逆転したという。それからというもの、大学に戻っても寄り違和感は強くなる一方で、学校も中退した。そして来週からは世界を巡る旅に出るという。

人は何かを見つけると、ここまで交われる。そこには答えも方程式もなければ、常識なんてあてのなら無いものすらない。大概の場合世間の目という存在すらしないこんなつまらない同調圧力により、人は壊されていく。

ただいつも元気であの素敵な笑顔の裏の多くにはこのようなエピソードがついている。

ついこの前まで元気だった人が勢いで亡くなるのはこういう現実があるからだろう。人は見た目じゃわからない。だから出来るだけ深く語る。

それを見逃しただけで、後悔するのはその人の周りだけじゃないからだ。

約20数年ぶりの両親が営む海の家へ帰省。

それでもどんな世代やコミュニティでも間違いない方はいる

この国への願いのために僕が変えたいビジョンはいくつもある。

▼古き悪し常識への問いかけ

▼今の時代における当事者としての責任

▼同調圧力の奴隷(社畜ともいうべきか)解放

親や先生、先輩、上司がいったことがすべてと教えられてきたことを少しだけ考えてみて欲しい。答えなんかはない。ただ、それが「なんでそうなるのか」ということを、「そういうものだから」というものを抜きにしてイメージしたら違和感を感じるはずだ。もしくはそれらを感じなくても、ましてや苦しんでいる必要ない。

頭の固い大人たち、原発安全神話、医療の常識、政府の狙い、他国の紛争・貧困への荷担、権力者たちからねじ伏せられる不都合な真実。そんな混沌とした時代の節目に、今までの考えはことごとく崩壊しつつある。

時代は変わる。そうやって歴史も人の価値観も動いてきた。

何と繋がり、何を選ぶかは自分らの本心だ。本当はどうしたいのかが大事になってくる当たり前の世の中が直に来る。

若者たちが日本を変えた幕末から150年。あらゆる変化が世界各地で起きている今、そろそろこの国も変わらざるを得ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする