「はじめまして」の憂鬱から

初めて会った人との「はじめまして」の印象や関わり方は、人によって様々だろう。

能力者でもない限り、この人と今後どれだけ仲良くなるかなんてわからない。

むしろ今まで重ねてきた出会いが問われる瞬間で、ぱっと見の先入観と自分のやりとりとの戦いになる。それでもせっかく出逢ったのだ。相手のことをよく知り、自分もまた知ってもらいたいとおもうのも自然な欲求だろう。

けどそれがうまくいかない時、人はなかなかいい気分にはなれないものである。

スポンサーサイト

毎日が出合いの日常の中で

人が集まるところは、色んな人間模様が見えて美しくもあり、時に残酷である。

僕自身、20代半ばになるまで「はじめまして」が苦手だった。てゆうか嫌いだったし求めてすらなかったのかも知れない。そんなひねくれた奴だったことは間違いないし、そもそも今でも得意なほうではない。けど、今いる自分の周りの仲いい人は、その積み重ねでできている大切な人間関係のはじまり

何かのきっかけや共通点で偶発的に繋がる運命。この前出逢ったばかりだが既に大事な友人は、「そこで話しかけなければ一生他人なんてもったいないから自分はそこで仲良くなる」と言う。実に多文化的でいいなと思った。国によっては隣に座った人に話しかけることは軟派な行為ではなく、日常的に交わることが多いのも日本と海外の常識非常識が分かれて面白い。

勿論その逆の国もあるが、この国の人で言えば本当にコミュニケーションが苦手。というかそもそもそこまで他人を求めていない。

本当は誰もが映画のようなドラマティックな出会いを欲しているであろうに、勇気を使ってまで得ようとはしていない。だから学校やバイト先、職場や家族などの決められた枠の中で物事を計りがちになる。それを繰り返す度に出会ったことのない人やジャンルに関しての先入観や偏見だけが増していくから、心ない言葉に気付かず、平気で言えるようになる。考える人ほど、そこの溝にはまり、人が恐くなる。

頭ではわかっているのに。どうしてもうまくいかないから自分は人見知りだと自己紹介してその線を引く。

僕らの職場は毎日出会いで溢れている。電話もあれば対面や、船の上や海外でもそう。こういう場所にいると他のイベントや空間が有れば誰とでも関われるようになるから逆にやっかいかも知れない。僕にはその壁を壊したくなる癖があるからだ。

互いの印象を刻むには

じゃあどうやって目の前の人と仲良くなるのか。自分もそこまで得意というわけでもないが、元々何も求めていない人と適当に仲良くするのが嫌だから、そうだった場合、いつも撃沈する(ダメじゃん!笑)

人にはなかなか話したくないこともあるのと裏腹に、話したいこともある。

そのイメージさえ出来れば、どういう人と、どういう話をし、どんな風に仲良くなりたいのかが見えてくる。それがないとなかなか出逢えないし、もし出逢っても気付けない。

ンマーそれぞれの足跡を語るには、なかなかその一瞬では心許ないだろうが、出逢った状況により、コミュニケーションは無限に広がり、それでも「そこに鉢合わせた意味」としての焦点を探し始めることができる。

そら人目を気にしてありきたりなそぶりをしていては何も残らない。

かといって日本の人はなかなか素直に自分を出すことが苦手だ。というよりもそもそも自分というものをよく知っている人も少ない。今までそうやって流してきたものが、肝心な時に崩れ落ちる。そうやって行き場のない不安に駆られてその場から消えたくなる。周りがつまんないと思ってしまうのも自分の視点がそうすり替わるからだろう。それじゃ本質が見えなくて諦めてしまって当然。

だったら周りを気にせず素直にそのままの自分を出したらいい。自分が思ってるよりも、周りは寛容で、そういう人ほど気になる仕組みになってるはずだから。

今まで会ったことない人たちと会うんだから、これまでの経験の物差しは失礼

そもそも人見知りって何だろう。コミュニケーション能力があって、それが苦手という人との違いはどこにある?

僕が思うにカタにはめたがる人や、今までのトラウマから反射的に関わらないことを選ぶ固定観念が染みついている人は面白い出会いに発展させたりすることは難しいだろう。

見方によってはそれが学習されているとも取られ、違う視点で言えばただただ知る前からその人への可能性を遮断しているだけの想像力のない人にも映りかねない。こうなったらこれから出会う人らにとって大変失礼な話。それではいくらデアイを重ねても、ずーっと気付けないままになってしまう。

そもそもそんなデアイすら求めなければ、人はそこには行きもしないはずなのに、いつの間にかいつもの日常を求めてしまう。その矛盾が同居している以上、自身の求める変化はずっと創れないだろう。

だって人を知ることも、自分を伝えることにもパワーがいる。だから共鳴した時に嬉しくなる。それは決してわかる人にしかわからないものでも何でもなく、その人と繋がりたい想いさえあれば大概理解できるもんなんじゃないだろうか。

そうやって今日も誰かと人生を語る。独りぼっちでなかなかそのうねりで目的とはぐれてしまった人の隣で。今この手にないものを手にするには、自分がどうなったら得られるのか。今そこから抜け出したいモヤモヤや絶望はどうやったら吹き飛ぶのか。

そんなことを繰り返しながら、今日もこれから宝になるかも知れない「デアイ」を重ねていくのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする